記事内に広告を含みます

ASP提携審査がめちゃ厳しい|ブログで稼ぐ方法

目安時間 5分
ブログ サイトアフィリエイト稼ぐ方法

11月頃からやってる新ジャンルで
なかなか提携承認がもらえません。

 

・A8で1件申請中
・felmat(フェルマ)で2件申請中

 

A8は待つしかないので何とも言えないけど
もうすぐ1か月が経ちます。

 

たぶん、このまま行けば
一度申請が解除されるパターンです。

 

でも、救いはfelmat。

felmatは担当さんがいて、

今ゴリゴリに記事修正を
何度もやり取りしています。

 

ここまで細かな修正依頼は
はじめてです。

 

それくらい超細かい。

 

ある記事では修正箇所が
91か所もありましたからね。

 

マジかと思いました。

 

まあ、ジャンルがジャンルなだけに
それは仕方が無いのかも知れません。

 

でも、承認されれば
チャンスだと思ってます。

 

なぜなら
ここまで厳しいと言うことは
そこそこ参入障壁が高いからです。

 

参入障壁が高いほど
ライバルが少なくなります。

 

絶対ではないですが
誰でも即時提携できる案件よりは
ライバルは少ないはずです。

 

ASP案件には即時提携できる案件と
出来ない案件があります。

 

即日提携できれば手取り早く
アフィリエイトできるけど

そう言う案件はライバルも
当然多いと思います。

 

新規案件で参入しても時間が
経てばライバルは必然的に増えます。

 

これは間違いありません。

 

現に僕がやってる案件で
テレビCMやバラエティでも
取り上げられる人気商品があります。

 

その案件は即時提携できるけど
1年前に比べてライバルが激増してます。

 

そして検索順位の奪い合いが
前よりも明らかに厳しくなりました。

 

1年前には見なかったブログが
沢山現れてきているんですよね。

 

だから、
さらに競争が厳しくなるのは
間違いありません。

 

参入障壁が低くいと
そのスピードが早いですよね。

 

即時提携できる案件が悪いと
言うわけではありません。

 

そう言ったデメリットも
ある事を知っておいた方が
良いと言うことです。

 

だからこそ、
提携審査が厳しい案件は
ぶっちゃけチャンスだと思ってます。

 

広告主さんは、ちゃんとブログを見て
提携するかしないかを判断してくれます。

 

誰でも承認される案件よりは
その案件の市場は荒れ難いはずです。

 

ASPアフィリエイトで成果を出すには
案件選びがめちゃくちゃ大切です。

 

これをミスると、どんなに
上位表示しても稼げません。

 

今、僕が提携審査している案件は
たまたま審査が厳しい案件でした。

 

そして、
提携審査に通ったからと言って
稼げるとも限りません。

 

こればっかりは
やってみないと分からないからです。

 

それでも参入障壁の高い案件は
僕はチャンスだと思っています。

 

早く承認してくれー、
と祈るしかないですね。

コメントは3件です

  1. いけやん より:

    まっぽん さん
    ランキングからお邪魔してます。

  2. いけやん より:

    まっぽん さん ランキングからお邪魔してます。

  3. いけやん より:

    まっぽん さん ランキングからお邪魔してます。
    中々承認されない案件ですか?
    凄いです。
    私も忘れたころ否決通知が来た記憶が有ります。

    参入が厳しい商品魅力的ですが自分にできるかも気になります。
    結末が出たら教えてください。
    定期的に覗かさせていただきます

    PS.
    メアドを入れるとなぜか送信してしまいました。
    3通ぐらい失敗しています。
    お手数をおかけします。

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

まっぽん

まっぽん

2014年から副業開始。2019年まで副業で稼ぐことができなかった典型的なノウハウコレクター。2020年にブログを新規一転再開。自己流のため1年以上迷走し、稼げた金額はほぼゼロ。 その後ブログの正しいやり方を学び、半年間で収益を126倍にすることに成功。記事数が少なくても収益化する正しいブログのやり方を発信中! メルマガ登録はこちら

THE REAL AFFILIATE徹底レビュー
THE REAL AFFILIATE特典専用サイト
専用サイトをご覧になりたい方はこちら
本気でブログで稼ぎたいと思っている人だけ見てください。
後出しキーワード特典VIP
後出しキーワード特典
最近の投稿
カテゴリー
特定電子メール法に基づく表記
人気ブログランキング